ホーム > 長崎坪庭物語 > ノムラモミジとサザンクロス(2014年10月)

長崎坪庭物語
たたみ一畳ほどの、人を幸せにする庭

ノムラモミジとサザンクロス(2014年10月)

浜町店

 朝夕はめっきり冷え込み、布団から出るのに腰が重くなるのと同時に、本格的に秋めいてきたことを実感します。季の深みを増すごとに、日々の体調管理にも余念のない心得を必要としなければなりません。皆様もお気を付け下さい。
 「長崎くんち」に続き「長崎がんばらんば国体」も開催される今年、例年以上に長崎の町も活気づいております。
 今月の坪庭は、秋の深まりを感じさせる植物が広がる空間となっております。

 今月のメインであるノムラモミジは、カエデ科落葉樹であるイロハモミジの赤葉品種です。春に葉が新しく出るときから赤く色づいており、夏場は緑になりますが、紅葉シーズンになると再度赤くなります。通年色彩の変化を楽しめ、カラーリーフとして洋風の庭にもよく似合うので、和洋問わず人気の植物となっております。
 江戸時代には「武蔵野」と呼ばれていたそうです。浜町店の空間にもよく合っており、落ち着いた雰囲気を出してくれています。

 次に、星型のピンク色の花が可愛らしく咲いているサザンクロスです。こちらはオーストラリア東部の原産で、名前は「南十字星」の意味だそうです。
 浜町店に於いても店内外に咲いており、落ち着いた雰囲気の中に咲くピンク色の花が、小さいながらも坪庭全体に華を添えているようにも見えます。

 ご紹介した以外にもたくさんの植物が広がっており、大きなねこじゃらしのようなペニセタムは特に秋らしさが出ています。秋の訪れを肌で感じられるようになってきた中、目でも秋を楽しんで頂きたいと思います。お出掛けの際は是非浜町店にお立ち寄り下さい。
 皆様のご来店を社員一同心よりお待ち致しております。


今月の花言葉
「ノムラモミジ」・・・節制、大切な思い出
「サザンクロス」・・・願いをかなえて、光輝
 

一覧はこちら

文明堂総本店 
〒850-0861 長崎市江戸町1-1 
tel:095-824-0002 
フリーダイヤル:0120-24-0002